多分マビノギの事書いてるかもしれない。(何 モリアンサーバーでうろうろしてるRefill(&その他(ぉぃ))の日記。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは・・ある・・夏の日の出来事。

前日の、激しい苦痛から着た、恨みだったのかもしれません・・。
はたまた、年月を得た、長い恨み・・。
どちらかは分かりません。

しかし、それは多分、恨みからの・・現象。

非常に怪奇な・・。

それを、目の当たりにして、彼女・・いや、彼は(彼自身も、性別が分からないという時点で十分怪奇な存在だともいえますが)本当に恐ろしかったと言います。
さぁ・・・・どうぞ。これが・・写真です。

ペット育成イベント!


これが、彼、Refillさんから送られてきた写真です。
Refillさんと・・横に写っているのは彼のペットのダークロシアンブルーだそうです・・。
しかし、15歳の彼を横にしてこの大きさ。想像できますでしょうか?
彼は偶然手に入れた、変わった餌をペットに与えたことで、こんなことになってしまったそうです。
これこそ怪奇。夏の風物詩、怪奇現象でしょう!

このときは、まだおとなしかったそうですが・・やはり、性格にも変化が現れたそうです。
そう、彼のペット・・リフィリアは突如として、主人に牙をむいたのです!

ぎゃー。

巨体になったゆえに、元の餌だけでは空腹に耐えかねたのか。
はたまた・・これを好機とばかりに、日ごろの恨みを晴らそうとしたのか。
とにかく、巨大な・・化け猫に襲われたのは、尋常ではない恐怖であったと、氏は言います。
「ほんとに・・食べられるかと思いました・・。(がたがた)」


いーやー

とにかく、本当に逃げるしかなかったと聞きます。
暗い道を、自分の走って息が上がる荒い呼吸音と、後ろから迫り来る・・どすっどすっという・・重い足音・・。

たーべらーれるー



あわやっ!


もう逃げ切れない!そう思った彼は、まだ持っていたその変わった餌を差し出しました。
これで・・元に戻るかもしれない!

どきどき



しかし・・そんな彼の思いは裏切られ・・逆に・・。

びっくりして体が大きk(ry


じー


それでも、まだ足りないとばかりに、主人をじっと、見つめるリフィリア。
彼、Refillさんには、それは自分を獲物として見る目に見えたそうです・・。

そして彼は、まだ懐に残っていた、その変わった餌をこっそり見ました。
「ここでまたあげたら・・もっと大きくなってしまうかも・・。」
しかし、手元にあっては、リフィリアに食べられてしまうかもしれない。
その恐怖と・・そして、その餌に対する・・ちょっとした好奇心から・・、それをぱくっとRefillさんは食べてみたそうです。

あ、結構おいしいかも。
そんなことを思っているうちに・・彼の体にも異変が。

背が伸びたーやったー!(笑

「な、なんだこれっ!?」
本当に驚いたそうです。
しかし彼は・・自分の体の小ささに少々不満があったので、
「やったっ、背が伸びたー!!」
と、明らかに怪しい、その食べ物をぺろりと食べてしまったそうです。

こうして・・彼はその食べ物の、不思議な魅力に取り付かれ・・。

もぐもぐ


ぱくぱく


そうして、ペットにも与え、自分も食べ続け・・。




しかし・・
彼が・・朝目覚めると・・身長は元に戻っていたそうです。

めでたしめでたし。

・・・?

Refill「め、めでたくないよ!ぜんぜんめでたくないですよ!せっかく身長伸びたのに!!」

フィリナ「まぁ、夢のような話とはよく言ったものだな。」
Refill「うわぁああん!」
フィレティア「まぁ、面白いイベントだったよね~あそこまでおおきくなるとはね♪」

Refill「あのさぁ、結局上のはフィクションなわけだけどさ・・。これ撮影するときさ・・、本当に、リフィリアの目が怖かったんですけど・・。」

フィリナ「うむ、それは気のせいというものだな。」

Refill「ち、違うって!ほんとになんか、血に飢えたというか・・」
レイリィア「そーいえば・・その前の日、フィリナが・・」

リンフィー「ペット、バオル潜入で酷使してた。」

フィリナ「・・・・。」
フィレティア「そーよ、そのせいでリフィリア気が立ってたんじゃない?かわいそうねー、Refill、そのせいで・・。」

フィリナ「いや、あれはRefillに対する恨みだな。うむ、間違いない」
Refill「なんで!?僕何にもしてないし!?!?むしろ回復してあげたし!」

リンフィー「きっと、Refill、黒くてちょこれーとみたいでおいしそうだった・・。」
フィリナ「それだ。」
Refill「えぇ!?」
レイリィア「ま、まさか~・・。」

リフィリア「にゃー」
Refill「びくぅ!!」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
(゜口゜;)
ちょー爆笑させていただきました。・°・(ノ∀`)・°・。
2006/08/09(水) 03:18 | URL | 天那 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://refimabi.blog52.fc2.com/tb.php/63-f7a3647c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。