多分マビノギの事書いてるかもしれない。(何 モリアンサーバーでうろうろしてるRefill(&その他(ぉぃ))の日記。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リティルさんよりイラストが送られてまいりましたので掲載します。
送られてきてから、PCトラブルなどがあり掲載が遅れたことを深くお詫びいたします。m∩m

DeadlySuccubus


リティルさんからのコメント
「かつて王宮聖騎士団に勇猛さでその名を知られた男がいた。

あるとき男はダンジョンの奥深くでちょっとした油断から深手を負い気を失うここと
なる。
次に目覚めたとき、彼は見知らぬ部屋でベッドの上にいた。
身体に無数にあった傷には包帯が巻かれており、ベッドのかたわらには美しい女性が
心配そうな顔で自分の顔を覗き込んでいた。

傷が癒えるまでの間その女性は彼につきっきりで手厚く看護をする。
言わずもがな二人が次第に惹かれあい、恋仲になるにはさほど時間はかからなかっ
た。

その彼女がサキュバスだということを男が知ったのは、傷がかなり癒えてからのこと
である。
だがそのことを知らされたときには、既に男の彼女に対する想いは揺るがぬものと
なっていた。
そして二人はそのまま一生添い遂げることを固く誓い合い、彼女がサキュバスである
ことを隠して一緒に暮らすこととなった。

傷が癒えた男は女と暮らしながら騎士団へ復帰を果たす。
しかしその後しばらくして王宮内で一つの噂が立ち上った。
一人の騎士が魔物と恋に落ちた――と。

『魔を滅す』

ただその一点においてのみ存在意義を見出す聖騎士がそのことを許すはずもなく、彼
女に討伐隊を差し向ける。
そのことを知った男は彼女をダンジョンの奥深くへと逃がし、自らは時間稼ぎのため
に討伐隊と対峙する。
だが執拗な聖騎士団の追っ手を振り切って彼が彼女の元へと駆けつけたとき、そこに
あったのは地に倒れ臥し、もはや物言わぬ姿となった一人のサキュバスの躯だった。


冷たくなった彼女を胸に抱き、彼は誓った。
必ず奴らを滅ぼしてやる…と。
かくしてここに一人の復讐者が誕生した。

マビノギパラレルジェネレーション 「闇の胎動」

近日公開!!・・・・・・しません(笑)」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://refimabi.blog52.fc2.com/tb.php/30-4569a8e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。